これで安心!マシュマロヴィーナスの成分一覧

マシュマロヴィーナスの成分で考えられる副作用は?

マシュマロヴィーナスを試したいけど副作用があるのかしら?
という心配をしている人も中にはいるでしょう。

 

やはりマシュマロヴィーナスを食べて具合が悪くなったり
体調が悪くなるというのは避けたいものですからね。

 

そんなマシュマロヴィーナスの成分で考えられる
副作用はどういったものがあるのか?
またマシュマロヴィーナスのようなバストアップや女性らしい
体つくりをサポートしてくれる商品で使われている成分と
比較しての危険性について紹介しています。

 

マシュマロヴィーナスの成分は

  • プエラリア・ミリフィカ末
  • ラズベリーパウダー
  • アグアヘエキス末
  • ワイルドヤムエキス末、
  • コラーゲンペプチド
  • エラスチン加水分解物
  • アサイー末
  • プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末
  • セラミド含有米エキス末
  • ザクロ果皮エキス末
  • 白キクラゲ多糖体
  • メロンプラセンタエキス末
  • チェストツリーエキス末
  • マキベリー果汁末
  • 甘味料(キシリトール、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)
  • pH調整剤
  • ゲル化剤(増粘多糖類)
  • 香料
  • クチナシ赤色素
  • 乳化剤
  • グレープフルーツ種子抽出物
  • ヒアルロン酸

 

という形になります。
この中で、一番、注意すべき部分としては
やはりプエラリアミリフィカですね。

 

たぶんバストアップを望んでいる女性ならもう大体のことを
知っていると思いますが、一応、どういった作用があるのか?
効果はどういったものがあるのかについて紹介ておきます。

 

プエラリアミリフィカの期待できる効果

バストアップ
美肌効果
更年期障害の症状軽減
生理不順の改善

 

といったことが一般的に言われているプラスの効果ですね。

 

バストアップ効果が期待できるということで、多くのバストアップサプリで
使われている成分がこれです。

 

このプエラリアはイソフラボンが大豆の40倍もの含有している
ということで有名。

 

そのイソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるもの。
女性に健康や美容に役立つということで大豆商品といったものは
たびたびテレビなどでも紹介されているので知っていると思いますが、

 

その大事なイソフラボンがプエラリアに豊富に含んでいる
ということでバストアップサプリの多くに使われています。

 

私が知っている人の中ではバストアップの為ではなく、
更年期障害っぽくなってきて悩んでいたところ、プエラリアを含んだ
サプリを飲んでら体の調子が改善した
という人もいます。

 

ちなみにいろいろなバストアップサプリ、プエラリアサプリを
見てきましたが、このプエラリアの効果で比較的早く実感できるのが

 

美肌、お肌の変化です。

 

これは早い人だとプエラリアを摂取して2週間くらいで
お肌の調子が良くなったという声は意外と多かったです。

 

逆に効果として感じるのに時間がかかるのはバストアップ。
バストにハリが出てきたという感じくらいなら、早い人だと
1か月くらいで感じている人がいますが、バストが大きくなった
というのは、最低でも3か月くらいはかかる感じでした。
それはどのプエラリアサプリでも。

 

さてプエラリアのプラスの効果を紹介しましたが、
逆にプエラリアには副作用と言われるものも存在します。

 

マシュマロヴィーナスにはプエラリアが含まれています。
副作用としてはこのプエラリアによる

 

生理不順やニキビなどの吹き出物が現れたりといったものがあげられます。

 

これ以外にも頭痛や吐き気といった副作用が出る可能性があると
言われていますが、私がプエラリアを含んだ商品の口コミを
たくさん見てきましたが、副作用として多かったのが

 

生理不順やニキビといったものでした。

 

さて気になるのはどうったことで副作用が起こる可能性があるかだと思います。

 

プラス効果があるのに、副作用があるっておかしいのではないかしら?

 

と思う人もいるでしょう。

 

その原因としては、プエラリアの過剰摂取。

 

基本的に知名度のあるプエラリア商品の多くは、
そういった部分を考えてプエラリアの配合量を決めているので、
多くの人は飲んでもそうそう副作用は起こらないものです。

 

しかし実際には、やはりプエラリアを含んでいる商品を
飲んだり食べたりして、生理不順などが起こったというケースがあるのも事実。

 

プエラリアの過剰摂取と説明しましたが、どれくらい摂ったら
過剰摂取になるのかという判断が難しいのです。

 

というのも、多くのプエラリアサプリは
1日の摂取量が100mgから400mgを目安として作られている商品が多いです。

 

こう見ると、400mgくらいまで含まれている商品があるなら
プエラリアの1日の摂取量が100mgなら副作用が起こらないだろうと
考えられますが、実は100mを摂取しても生理不順になったとか
ニキビが出てきたという人がいます。

 

逆に400mgプエラリアを摂取しても問題ないという人も
大勢いることを考えると、一概にどれくらい摂取したら過剰摂取になる
とは言えないのが実情なんです。

 

この過剰摂取は人によりかなり違いがある感じです。

 

ちなみに私が知っている限りではプエラリアの1日の摂取量が
750mgというサプリが一番多くプエラリアが含んでいるサプリです。

 

さてそれ以外にマシュマロヴィーナスの成分として
気になるものがアスパルテームや乳化剤。

 

まあこれらは一般的な食品にもよく使われているものなのです。
だから安心とは言い切れませんが、できることなら避けておいたほうが良い
という人もいる成分です。

 

ちなみに一言で乳化剤といってもいろいろなものがあるので
詳しい化学物質が使われているかわからないのがちょっと気になるところです。

 

他のプエラリアサプリで使われている成分とマシュマロヴィーナスの違いは?

 

プエラリアサプリとして有名なのがベルタサプリ。
こちらの成分を見てみると

 

  • プエラリアミリフィカ末
  • コラーゲンペプチド
  • ザクロ種子エキス
  • ホースプラセンタエキス
  • ローズマリー
  • メリッサ葉乾燥エキス
  • セントジョーンズワートエキス末
  • r-アミノ酪酸
  • ゼラチン
  • セルロース
  • トレハロース
  • ステアリン酸カルシウム
  • ヒアルロン酸
  • 微粒酸化ケイ素
  • L-トリプトファン
  • 着色料(二酸化チタン、クチナシ赤色素)

 

プエラリアを含んでいて、コラーゲンやザクロエキスといった部分は同じですね。

 

あとはセルロースやトレハロースと言ったものは
特に危険セがあると言われているものではないですし
食品によく使われているので、問題はないです。

 

マシュマロヴィーナスとの大きな違いはそうったところぐらいでしょうか。

 

基本的にはメインの成分は同じ感じで、
あとはそれぞれ食品で使われているような成分が含まれている
プエラリアサプリです。

 

マシュマロヴィーナスで副作用?類似商品と比べての危険性についてまとめ

以上のことから副作用と言った意味では
やはりプエラリアが一番気になるところだと思います。

 

上記でも紹介しましたが、プエラリアはそれでも女性にとって
プラスになる成分です。なので基本的には怖らずに利用することができますが、

 

やはりプエラリアサプリの口コミを見ていても稀に
生理不順といった副作用の症状が出てしまったという女性がいます。

 

だからお勧めできないものとは言い切れないのは
プエラリアの効果を知ればわかると思います。

 

なので女性らしさ、バストアップしたいと考えているなら
プエラリア商品を使ってみる価値がありますが、もし不安であるならば
少な目に摂取してみることから始めるのもありではないでしょうか。

 

 

ちなみにマシュマロヴィーナスはゼリータイプ。
なので、食べる量を調整すれば
おのずとプエラリアの摂取量が少なくて済みます。

 

とはいっても、
このマシュマロヴィーナスですが、
1包みにプエラリアは100mgということでプエラリア商品の中でも
少ないタイプの商品です。

 

またマシュマロヴィーナスのお得なキャンペーンページを
よく読んでみると書かれているのがこの情報です。

 

このマシュマロヴィーナスは国立カセサート大学で事業提供している
正規品のプエラリアや安全性の確立された自然の成分だけを厳選配合し、
モニター試験も実施して安全度を確認して販売されている商品

 

ということ。
なので、マシュマロヴィーナスを1日の目安としている
1包み食べる分にはそう大きな心配はないと言えるでしょう。

 

上記に書いた安全性の確認については、マシュマロヴィーナスの
お得なキャンペーンページに記載されている全額返金保証について
書かれている部分に明記されているので確認をしてみてくださいね。

 

>>>初回500円!キャンペーンはコチラ<<<